ひよっこ第117話の感想・あらすじ「空白の時間」

このページは、朝ドラ「ひよっこ」の117話あらすじ感想についてお伝えしていきます。ひよっこの第117話のタイトルは「空白の時間」です。

 

ひよっこの116話のあらすじと感想で、向島電機の乙女寮のメンバーが集まり、豊子(藤野涼子)がテレビのクイズ番組に出演して優勝しました。

 

その続きとなるひよっこ第117話のあらすじと感想をお伝えしていきます。まずは、あらすじからみていきながら、その続きとして後半に感想を書いていきたいと思います。

 



 

ひよっこ117話のあらすじ

谷田部家で生活する、実(沢村一樹)は畑仕事が徐々に慣れてきました。好きなごはんをどんどん食べて家族で笑いあっています。みね子(有村架純)は、仕事を一生懸命しています。そこに、実の状況を知らせる手紙が美代子(木村佳乃)から送られてきます。

 

実は、一生懸命谷田部実になろうとしていますが、時々夜にうなされているという。昨日は、綿引(竜星涼)が訪ねてきてくれました。綿引は、本当に喜んでくれました。

 

そして、建設現場で働いていた実について綿引が教えてくれました。また、綿引は預かっていた実の写真を本人に返しました。実はその晩に、美代子と茂(古谷一行)に願いでます。

 

自分がいなくなってから家族がどうなってしまったのか。そのことを教えて欲しい。そう懇願したのです。美代子は、それを丁寧に説明しました。美代子が東京に実を探しにいったこと。

 

みね子が実が帰ってこなかったので、東京にいったことなどを伝えました。東京に行ってからのみね子については、自分で伝えてほしい。

 

そう、美代子からみね子への手紙は締めくくられます。そして、店の仕事が終わったみね子に由香(島崎遥香)が突然声をかけたのでした。ひよっこ117話のあらすじはここまで。ひよっこ118話のあらすじにつづく。




ひよっこ117話の感想

ひよっこ117話のあらすじは、実の失われた記憶をいろんな人が説明していた回でした。そのことを美代子がみね子に手紙でつづっていましたね。

 

こういった時って、電話よりも手紙の方がよかったりしますよね。なんか気持ち思っている気持ちが伝わるというか・・・。想いのこもった気持ちは手紙の方がよかったりますよね。

 

今なら、メールとかlineとかってもっとポップなものがありますけど、思いをきちっと伝えるという意味では手紙に勝るものはないと思います。

 

メールやlineで伝えるよりも手紙の方が本当の気持ちが伝わりやすいですしね。反応がまずかった時には、ちょっと恥かいてしまうかもしれませんが・・・。

 

それにしても、綿引はどこまでもいい人ですよね。みね子に好意をもっていたのかなって思っていただけに茨城に帰ったのはちょっと残念でしたね。ここから何か発展があるのか?

 

なんてちょっと期待してしまいますが、可能性は薄そうな予感ですね。実は、美代子や茂にいなくなった後のことを聞いて泣いていましたね。責任を感じたんでしょうね。

 

でも、おそらく一番つらかったのは本人なんじゃないかなって思ったりします。もちろん、美代子やみね子もすごくつらかったのだと思います。生きていくので精いっぱいでしたからね。

 

それでも、実のようにどうしようもない理不尽な衝撃といったものは実だけに起きてしまったわけです。それだけ、実も家族のことを想っていたわけです。

 

それが家族のことも思い出せないような状況になって・・・一番つらかったのは実なんじゃないかな?そんなことを想いました。父親が背負っているものって大きいですよね。

 

今ももちろんそうですが、今以上に当時の父親の存在は大きかったんだとおもいました。ひよっこ117話の感想はここまで。ひよっこ118話の感想につづく。

 



あなたにおススメのページ



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)